事前にできる雨対策

2015.4.23|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

雨の日の運転を苦手としている方は少なくありません。雨の日ですと視界が悪くなりますし、さらには路面に自動車のヘッドライトやお店の照明などが反射して視認性を落としてしまいます。基本的には運転に細心の注意を払うなどの対策が重要ですが、事前にできる雨対策を施しておくのも良いでしょう。
行える対策としては油膜取りが挙げられます。自動車のガラス面にはタイヤや風などで巻き上げられた油分が付着していますが、油分が付着している状態ですと光が乱反射し易くなってしまいます。雨が降っているだけでも視認性が悪いにも関わらず、乱反射する事によってさらに視界が悪くなります。事前に油膜を取っておく事によって光の反射を防止する事ができますので、油膜が張っている状態と比較すると随分視界が良くなるのです。
ガラス面をコートするという対策方法もあります。コートというのはガラス面に特殊な薄い層を作り出し、水滴が付き難くする施工ですが、水滴が付き難くなる事によって視認性のアップに期待する事ができます。コートの方法ですが、スプレータイプや直接塗るタイプなど、自身でも簡単に行えるアイテムもありますし、業者に施行をしてもらう事も可能です。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。