ワックスの一手間のコツ

2015.4.23|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

ボディの洗車の基本は汚れをまず落とすことです。ただし、次に汚れを付きにくくすることも必要となってきます。汚れの落とし方については、しっかりと洗車用シャンプーで洗い、汚れを落としてから、水で洗い流すことでボディに付いた泥汚れや雨が降って付いた水垢を落とすことができます。次に、これからの汚れを付きにくくするためにワックスを塗ります。最近ではシャンプーと混ざっているものや液体状のものが主流になってきています。液体状のものは塗りやすい反面、光沢力が多少落ちます。光沢については固形のものが一番あります。このような光沢剤を塗りこむことの効果としては、ボディの表面が滑らかになるため、汚れそのものが付着しにくくなります。仮に付着したような場合でも、軽く水洗いをするだけで綺麗に汚れを落とせるため、こびりつきにくくなります。車自体をコーティングすることも最近ではめずらしくありません。このコーティングはこのような汚れを付きにくくする効果を何年か持続させるような処理です。このように洗車時に一手間かけることで車の汚れを取るだけでは無く、次回の汚れを付きにくくすることもできます。多少時間はかかりますが、次回からの洗車時間が短縮されることにもなります。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。