紫外線による色落ちを防ぐには

2015.4.23|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

大気には様々な成分が含まれていますし、車に対するダメージを与える物質もあるので、定期的に掃除する事は欠かせませんから、小まめに手入れを行う事が長期の変化を抑制します。
紫外線は大気を綺麗に保つ役割がありますし、洗濯物を清潔に乾燥させる場合に役立ちますが、物質に対してダメージを与えるので、塗装面は色落ちや色褪せが発生します。
短期間の屋外駐車では影響は小さいですが、時間の経過によって少しずつ変化がありますし、急に変化があると気が付いた場合は色が変わっていますから、着実にダメージにより変化を起こしています。
保護する方法は遮断する事ですから、吸収したり反射するコーティング剤が有効なので、定期的に車に塗る事が効果的であり、手入れの回数や時間が結果に結び付きます。
屋根のある場所に保管する事が簡単なので、日光を遮る事がダメージを大幅に減らしますし、塗装だけではなくタイヤや樹脂パーツにとっても重要ですから、保護する目的で駐車スペースを得る事が大切です。
車内に射し込む光もダメージの元ですし、放置された車内に置かれた物も影響を受けるので、ガラスに行うコーティングが役立ちますから、塗装面と同様に扱う事で対処します。

 

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。