洗車後の乾燥を雑にするとまた汚れやすくなる

2015.4.23|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

車は外気に触れながら走行しますし、停車中でも大気の汚染物質は付着しますから、定期的に洗浄を行う事が大切なので、手間を惜しまない事が重要です。
洗剤を使用して車を洗う場合も、水を使って泡を洗い流す必要があるので、洗剤の成分を残さない徹底した洗浄が欠かせず、余分な水分を拭き取って乾かす事が大切です。
乾燥が不十分だと水滴が残りますし、残った水滴が跡となって残りますから、手間を掛けた洗浄を行っても跡が汚れになるので、綺麗な仕上がりを実現する事が難しくなります。
車の洗浄後は自然に乾かす事が望ましいですから、空気が乾いた暖かい日が最適ですし、太陽が昇る時間帯が水の渇きに影響するので、時間を考えて洗浄を行う事が必要です。
水は汚れを落とす場合に役立ちますが、様々な物質と溶け合う性質がありますし、汚れを取り込む事も珍しくはないので、洗浄後は速やかに水滴を取り除く事が求められます。
清潔なタオルを使って乾拭きを行い、水滴を残さない事が重要なので、水分を吸収できないタオルは交換して使う事が欠かせませんし、事前に十分なタオルを用意する事が車の洗浄に役立ちます。
車を乾かす間は外気に直接触れない事も大切なので、大切な車を野ざらしにしない為に保管場所を検討する必要があります。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。