水アカや油汚れの落とし方

2015.4.23|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

汚れにはそれぞれ性質がありますから、種類に対応した洗剤を使う事が欠かせませんし、油汚れは溶かす効果や水と引き合わせる界面活性剤が重要なので、性質として汚れを見分ける事が必要です。
油汚れは酸性の特徴がありますし、アルカリ性の洗剤は強力に汚れを落とす効果を発揮しますが、強過ぎる洗剤は車に影響を与えるので、軽い汚れに対しては中性洗剤が安心して使えます。
水で薄めて使う事が大切なので、原液を使用する機会はあまりありませんし、定期的な清掃では通常の使用方法で十分ですから、バケツと水を用意して洗剤を混ぜて使います。
洗剤が残ると新たに汚れを呼び込みますから、水で良く洗い流す事が肝心なので、十分に洗い流した後は乾燥する事が欠かせませんし、洗浄から乾燥まで一貫して行う事が大切です。
水アカ汚れは通常アルカリ性ですから、酸性の洗剤を利用しないと落とし難いですし、時間が経つと固まりに変化し更に頑固な汚れになるので、早めに汚れを落とす事が重要です。
酸性の洗剤は塗膜に影響を与える可能性があるので、十分に薄めた状態で使用する事が求められますから、最初から強力な洗剤を使う事は避けて、汚れが落ちなければ段階的に濃度を上げて使います。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。